TOPページ IPOを狙う私はIPOを狙う

わたしはIPOを狙う!資産を増やしたい

IPO株イメージ


IPO株は、ローリスクハイリターンです。
落選すれば資金が戻ってくるし、当選するまで資金が減ることはありません

IPO株は、株初心者に優しいです。
実際にわたしも、なにもわからないまま始めて、利益をだしています。

各年のIPO利益 最高額

各年のIPO、初値売却の最高額をまとめました。

2021年 アイ・パートナーズフィナンシャル 676,000円
公募価格:3,120円、初値:9,880円
2020年 ヘッドウォータース 2,616,000円
公募価格:2,400円、初値:28,560円
2019年 サーバーワークス 1,322,000円
公募価格:4,780円、初値18,030円
2018年 HEROZ 4,450,000円
公募価格:3,000円、初値49,000円
2017年 トレードワークス 1,140,000円
公募価格:2,200円、初値13,600円
2016年 グローバルウェイ 1,104,000円
公募価格:2,960円、初値14,000円
2015年 ネオジャパン 1,165,000円
公募価格:2,900円、初値14,550円

2013年から2020年までは、100万円超えの銘柄が続いていました。
人気銘柄に当選すると、宝くじのように大金をGETできるチャンスがあります。

宝くじは当たっても外れても、クジの購入代金がかかります。(ジャンボ宝くじは、1枚300円)
ですがIPOの場合、当たるまでIPOの資金はかかりません。

●IPO抽選時に資金が必要だけど、落選すると資金が戻ってくる(マネックス証券など)
●IPO抽選資金が不要で、当選後に証券口座に入金する(SBIネオトレード証券など)

宝くじと似ているIPOですが、当選するまで資金が減らない点は嬉しいですよね。
株初心者の方もIPO応募しながら、当選するまでの間に株式投資を学びましょう!

損失リスクはあるのか、再確認!

各年のIPO、損失が大きかった銘柄をまとめてみました。

2021年 THECOO -11万
公募価格:7,200円、初値:6,100円
2020年 ニッソウ -9万5千円
公募価格:3,750円、初値:2,800円
2019年 大英産業 -1万9千円
公募価格:1,520円、初値:1,330円
2018年 自律制御システム研究所 -5万7千円
公募価格:3,400円、初値:2,830円
2017年 西本Wismettacホールディングス -2万8,500円
公募価格:4,750円、初値:4,465円
2016年
ユー・エム・シー・エレクトロニクス
-5万2千円
公募価格:3,000円、初値:2,480円
2015年 RS テクノロジーズ -6万5千円
公募価格:2,750円、初値:2,100円

100万円超えの利益に対し、損失額は思ったより大きくありませんでしたね。

損失がでやすい銘柄は、いわゆる「人気が低い銘柄」となっています。
IPO抽選前に人気度がわかるので、損失のリスクは、ある程度防ぐことも可能です。

ニッソウ

2021年12月22日に上場した「THECOO」を例にみてみましょう。
上場日の下、「C」と表記されていますね。このアルファベッドが人気度を示しています。

あとで詳しく説明しますが、人気度が低い「C」「D」を避けることで、損失のリスクを減らすことができるので、あまり不安にならないでくださいね。

わたしもIPO当選しています

わたしは公平抽選の証券会社をメインに、応募しています。

公平抽選で当選確率は同じ

驚くことに、好調に当選しています。
2014年、株初心者のわたしでも5社当選しました!
なかなか当たらないものだと思っていたので、驚いています。

まずは、IPOに応募しなければ当選することはできません。

そのためには、証券口座が必要になります。
準備はできていますか?

『IPOを狙うならココ』を参考に、証券会社を選んでみてくださいね。


←前へ IPOの基礎知識 IPOでの利益 次へ→
押してくれると喜びます♪
上へ戻る

IPOの当選
を目指すなら

この証券会社

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

管理人も当選!

マネックス証券

1人1票の公平抽選。
当選できるチャンス!

無駄なく応募!

SBI証券

落選すると1ポイント。
ポイント当選枠を狙え!

IPO主幹事が多い!

SMBC日興証券

1人1票の公平抽選。
取扱銘柄も多い!