TOPページ IPOを狙う私はIPOを狙う

わたしはIPOを狙う!資産を増やしたい

IPO株イメージ


IPO株は、ローリスクハイリターンです。
落選すれば資金が戻ってくるし、当選するまで資金が減ることはありません

IPO株は、株初心者に優しいです。
実際にわたしも、なにもわからないまま始めて、利益をだしています。

【2016年】JR九州が上場し、わたしは5万円の利益をだせたよ

IPO
総企業数

初値>公開価格

初値売却の利益
(重複してます)

10万円以下で
応募できたもの
初値<公開価格
83社

67
(80.7%)

100万円以上:1社 13社
(15.9%)
総数 15社
(18%)
50万円以上:5社 注目度 SA: 0社
B1社
C9社
20万円以上: 10社

D5社

【2015年】過去最大の上場数なのに、公募割れは少ない!!

IPO
総企業数

初値>公募

初値売却の利益
(重複してます)

10万円以下で
応募できたもの
公募割れした
企業数
92社 82社
(89%)
100万円以上:2社 13社
(14%)
8社(8.7%)
8社とも注目度は「C」
50万円以上:6社 プラマイゼロ
20万円以上: 25社 2社(2.2%)
2社とも注目度は「C」

【2014年】公募割れもあったけど、初値売却の利益も高かった!

IPO
総企業数

初値>公開価格

初値売却の利益
(重複してます)

10万円以下で
応募できたもの
初値<公開価格
77社 59社
(77%)
100万円以上:2社 14社
(18%)
総数 15社
(19%)
50万円以上:10社 注目度 S0社
A:2社
B:3社
20万円以上: 26社 C10社

2014年、注目度が「S」と高い銘柄に当選していた場合。(32社/77社)
これを、初値売却で得た利益の平均は、34万5,806円です。

【2013年】96%の確率で儲かっていた!!

2013年のIPOは、54社中52社96%)が、『初値』が『公募価格』を上回りました

つまり、IPOに当選すると、96%儲かっていたのです。

わたしがIPOを始めようと思ったのは、2013年のIPOデータをみたからでした。
96%も儲かるなら、はじめないと損ですよね。

わたしも当選しています

わたしは完全公平抽選の証券会社をメインに、応募しています。

完全公平抽選で当選確率は同じ

驚くことに、好調に当選しています。
2014年、株初心者のわたしでも5社当選しました!
なかなか当たらないものだと思っていたので、驚いています。

まずは、IPOに応募しなければ当選することはできません。

そのためには、証券口座が必要になります。
準備はできていますか?

『IPOを狙うならココ』を参考に、証券会社を選んでみてくださいね。


次に、IPO当選でどのくらいの利益が得られるのか具体例をみてみましょう。

←前へ IPOの基礎知識 IPOでの利益 次へ→
押してくれると喜びます♪
上へ戻る

IPOの当選
を目指すなら

この証券会社

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

管理人も当選!

マネックス証券

1人1票の公平抽選。
当選できるチャンス!

無駄なく応募!

SBI証券

落選すると1ポイント。
ポイント当選枠を狙え!

IPO主幹事が多い!

SMBC日興証券

1人1票の公平抽選。
取扱銘柄も多い!