TOPページ IPOを狙う企業のメリット

企業がIPOを行うメリット

IPOが上場すると、「次は当選するといいな〜」とわたしはウキウキします。
企業(IPO承認された会社)も、ウキウキするのでしょうか?

企業がIPO上場するメリットは、大きくわけて3つ

知名度・信用力のアップ

厳しい審査基準をクリアしたので、信用力が高い。
銀行の融資を受けやすくなる。

企業成長

知名度・信用力があがり、優秀な人材を確保しやすい。
株式の発行で、資金調達ができる。
財務体質を強化できる。

従業員の士気アップ
上場を果たしたことで、モチベーションがあがる。

企業が上場するには、証券会社と証券取引所による厳しい審査があります。
この厳しい審査を突破し、上場する企業は「知名度・信用力ともにアップ」しますね。
とくに、東証一部に上場すれば、信用力はグっとUPします。

東京証券取引所(東証)の種類
第一部
大企業が多い。上場基準が1番厳しい
第二部
中堅企業が多い。第一部よりは、上場基準が緩やか。
マサーズ
新興企業向け(ベンチャー企業など)で、比較的に上場基準が緩やか。
ジャスダック

※新興企業とは…会社設立から日が浅く、規模や経営基盤などが小さい企業のこと。


知名度と信用力があがれば、企業の成長につながります。
営業や採用活動も円滑にすすみ、企業成長・従業員のやる気UPになるようですね。

企業がIPOを行うデメリット

企業の成長につながるIPOですが、IPO上場のデメリットもあります。

企業の合併・買収(M&A)のおそれ
資金力のある会社に、乗っ取られる可能性がある。
事務量・経費の増加

会社の情報・有価証券報告書などの提出義務。
事務が増えることで、人件費なども増える。

株主への配慮

株式の買占めなどに気をつける。
株主代表訴訟。

社会的責任が増える

せっかく得た信用力を失わないように…。

前ページ(IPOのしくみ)で、上場している株は「全体の1%にも満たない」と学びましたが
このデメリットに注意して、あえて上場しない企業もあるようですね。

IPOのデメリット(企業)

上場する企業も、メリット・デメリットはあるのですね。私たち投資家にとっての、メリット・デメリットも確認 しておきましょう。

押してくれると喜びます♪
上へ戻る

IPOの当選
を目指すなら

この証券会社

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

管理人も当選!

マネックス証券

1人1票の公平抽選。
当選できるチャンス!

無駄なく応募!

SBI証券

落選すると1ポイント。
ポイント当選枠を狙え!

IPO主幹事が多い!

SMBC日興証券

1人1票の公平抽選。
取扱銘柄も多い!