TOPページ IPOを狙うIPOでの失敗から学ぶ

IPOでの失敗から学ぶ

IPOに数回当選している私ですが、最初は失敗していました。
失敗から学んだことを、ここに残しておきます。

このペジを読めば、大丈夫。
私がIPOを始めた時に知っていたらな〜と後悔しています。

IPO株は、初値で売却が無難。欲張らずに「成行」で売却

はじめてIPO当選した、『足利ホールディンクス』(2013年12月19日上場)
※2016年10月1日より「めぶきファイナンシャルグループ」になってます。

公募価格 初値 高値 安値 終値
420円
(100株売却した時の利益)
451円
(+3,100円)
476円
(+5,600円)
430円
(+1,000円)
432円
(+1,200円)

当時、「初値売却が無難」だと知らなかった私。
午前10時頃には、株価465円でした。このときに売却してれば、+4,500円の利益

「成行」か「指値」か考えているうちに、どんどん下がる株価。
上場日の売却を諦め、株を保有することにしました。

数日後、株価が445円まで上がっていたので『成行』で売却しました。(2014年1月6日売却)
結果、+2,500円の利益となりました。

IPO株は、『初値で売るのが無難』な売り方です。
初値が公募価格より高いのであれば、成行で売却し確実に利益をあげること。

高値で売却したい気持ちはありますが、狙うのは至難の業です。
リスクを減らし、確実に利益を狙うためには「初値売却」を徹底
することが大切です。

IPOは初値売却

ちなみに、数年後の株価は下記のようになっています。
1年後に売却していたら、6,700円の利益でしたね。

1年後(2014/12/19)

2年後(2015/12/21) 3年後(2016/12/19)
487円 450円 451円

IPO株に当選したら、「IPO注目度」「初値予想」リサーチ

4コマ:IPOのリスク1 4コマ:IPOのリスク2 4コマ:IPOのリスク3 4コマ:IPOのリスク4

2014年、『日立マクセル』『ジャパンディスプレイ』とIPO連続当選しました。
連続当選に舞い上がったわたしは、迷わずにすぐ「購入」することを決めました。
これ、どちらも注目度が低い「C」だったのです。

結果は、2つとも損失。
理由は、IPOの注目度が低かったため。あわせて-23,000円。ショック!

「IPOの注目度」や「IPO初値予想」を調べていれば、この損失は回避できたでしょう。

当サイトでは、アルファベットを使用した「5段階」で、IPOの注目度を表示しています。
人気の高い「S」「A」を狙うことで損失は回避しやすくなっています。

IPOは安易に応募しない

次のページは、株ママ流「IPOまとめ」です。実体験をもとに、ポイントをまとめました。

押してくれると喜びます♪
上へ戻る

IPOの当選
を目指すなら

この証券会社

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

管理人も当選!

マネックス証券

1人1票の公平抽選。
当選できるチャンス!

無駄なく応募!

SBI証券

落選すると1ポイント。
ポイント当選枠を狙え!

IPO主幹事が多い!

SMBC日興証券

1人1票の公平抽選。
取扱銘柄も多い!