TOPページ はじめに子供にかかる費用

子供にかかる費用

子ども一人にかかる教育費は、なんと 約1,000万円と言われています。

子供1人あたりの教育費は、約1千万円

この図は、平成24年度の「子供の学習費調査」を参考にしています。
2年に1度 、文部科学省が調査しているようです。(最新データはコチラ)

「子供の学習費調査」に含まれるのは、学校に通うことでかかるお金全般(給食、授業料、制服、PTA会費など)のほか、塾や習い事の費用も含まれています。

平成26年度 子供の学習費調査

最新の、「子供の学習費」はどうなっているのか、表にまとめてみました。

  国公立 私立
幼稚園
3年間
63.5万円
149.3万円
小学校
6年間
192.4万円
921.5万円
中学校
3年間
144.5万円
401.7万円
高校
3年間
122.7万円
297.4万円
大学
4年間(自宅)
457.5万円
文系:675.5万円
理系:818万円
合計 国公立
980.6万円
文系大学
2445.4万円
理系大学
2587.9万円

※幼稚園~高校:平成26年度子供の学習費調査(文武科学省)
大学:教育費負担の実態調査(日本政府金融公庫、H25年度)

私立大学の入学費用は、国公立で79.7万円・理系大学で120.1万円かかるようです。
大学が遠ければ、一人暮らしの費用も加算されるでしょう。
お子さんの進路のためにも、余裕をもって、資金の準備をしておきたいですね。

「習い事」や「部活動」も、やらせてあげたい

子供に習い事させたい

私のまわりでは、1歳すぎたら「習い事」を始める家庭が多いです。
小さい頃から始める理由としては、「幼稚園や小学校で困らないために、準備したい」と考えている方が、多いようです。

また、小・中学校にあがれば、「部活動」や「塾」もやりたいと言うこともあるでしょう。
その時に子供に我慢させず、興味があるものに挑戦できる環境をつくっていきたいですね。

貧しい想いはさせたくない

貧しい想いはさせたくない

自分が子どものときは楽しみだった数々のイベント。
お正月、子どもの日、誕生日、クリスマスなど…

親になったいま、どう「お金をやりくり」するかが問題です。
子供が欲しがるオモチャって、意外と高いですからね。

「サンタさん、コレじゃない…。欲しかった物じゃない!」
なんて、そんな悲しいことは言わせたくありませんよね。

どうにかして、子供のためのお金を用意したいところです。
まずは「金銭状況を確認」してみましょう。次のページでは、我が家の状況をお伝えします。

押してくれると喜びます♪
上へ戻る

IPOの当選
を目指すなら

この証券会社

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

管理人も当選!

マネックス証券

1人1票の公平抽選。
当選できるチャンス!

無駄なく応募!

SBI証券

落選すると1ポイント。
ポイント当選枠を狙え!

IPO主幹事が多い!

SMBC日興証券

1人1票の公平抽選。
取扱銘柄も多い!