株とは

株式(株)とは、企業が資金調達などを目的に発行した『株』のこと。

株とは?
  • 企業は、株を買ってもらえると資金調達できたり、信用があがる
  • 投資家は、企業から配当金や株主優待をもらえる。株の売買で資産を増やせるかも

初心者も覚えたい証券取引所

1番大きい証券取引所は、東京証券取引所(東証)です。
株取引の90%を占めているそうで、ほとんどの株式が東証で取引されています。

東証には、4つのグループがあります。

東証 一部
上場の基準が一番難しい「日本を代表する株式市場」。大手企業向け。
東証 二部
東証一部に上場するのにもう一歩。中堅企業向け。
東証 マザーズ
近年、一部へとステップアップを視野にいれた成長企業向け。
ジャスダック
「信頼性」「革新性」「地域・国際性」のコンセプトがある市場

株初心者は、安定している「東証一部」「東証二部」の銘柄を狙うのが良いみたいです。

私たち投資家は、ネット証券を通して、簡単に株の売買ができます。

株を購入できる時間

証券取引所が、営業している時間に株の売買ができます。
(証券取引所によって、少し時間が異なるので注意が必要です)

東証の場合、

  • 午前:9時〜11時の前場(ぜんば)
  • 午後:12時30分〜15時までの後場(ごば)

前場と後場があり、1日2回の取引ができます。

ネット証券は、24時間注文できます。自動売買ツールを上手に使いましょう。
株の取引が成立(約定)できる時間は、上記の時間になります。

株取引における特殊な時間帯の呼び方

株を購入できる時間と呼び方
  • 寄付(よりつき)・・・取引の最初に行われる売買
  • ザラ場・・・「寄付」が終わったあと、取引が終了するまでの時間帯
  • 引け・・・一番最後の売買。午後の引けを「大引け」とも呼びます

SBI証券では、夜も株取引できます

SBI証券では、「PTS」と呼ばれる夜間取引が可能です。

PTSのイメージ

  • 8時20分〜16時
  • 19時〜23時59分

実際の市場があるわけではなく、仮の市場をコンピューター上で設定しているそうです。
SBI証券の顧客同士が、リアルタイムで株の売買を行うことができます。

←前へ 株の基礎知識 株の投資法 次へ→
押してくれると喜びます♪
上へ戻る

IPOの当選
を目指すなら

この証券会社

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

管理人も当選!

マネックス証券

1人1票の公平抽選。
当選できるチャンス!

無駄なく応募!

SBI証券

落選すると1ポイント。
ポイント当選枠を狙え!

IPO主幹事が多い!

SMBC日興証券

1人1票の公平抽選。
取扱銘柄も多い!