TOPページ はじめに 我が家の金銭状況

我が家の金銭状況

2013年12月から株式投資を始めましたが、それ以前は本当にお金がありませんでした。
共働きなのに、「日々の生活を送るのがやっと」の状況でした。
かなり恥ずかしいのですが、家計が苦しかった2012年頃のお給料を紹介します。

投資をはじめる前の、我が家の給料 (2012年頃)

北海道札幌市近郊で、当時は3人暮らし。
20代後半の夫婦の手取りは、月25万円前後しかありませんでした。
よく生活できていたなって思います。

  仕事 手取り
パパ 派遣社員

15万円/

ママ 事務員 10万円/月

息子は年に1回は入院するほど、身体が弱い子でした。
こどもが体調を崩して仕事を休むと、わたしのお給料は減っていきました。

支出は、家賃や光熱費などを合わせると、月16.5万円前後。
そのほかに、日用品や保育園代、交通費などがかかっていたので、ギリギリの生活でした。

支出:16万5千円
家賃 50,000円
光熱費 30,000円
通信費 25,000円
食費 30,000円
保険代 30,000円

いま思えば、家賃や保険代を抑えておけばよかった〜と思います。
2度とギリギリの生活はしたくないので、定期的に生活費を見直しています。

この状況を抜け出すために、株式投資を始めました!

2012年頃、ギリギリだけども生活できていた我が家。
ダメだなとは思っていたけど、そこまで焦っていなかった自分がいました。

なんとなく「世代別の平均年収」を調べてみたらビックリ!!(20代後半)
夫婦そろって、平均を大きく下回っていました。
平成24年の25〜29歳の平均年収は、男性371万円、女性295万円でした。

平成30年 25〜29歳 30〜34歳 35〜39歳 40〜44歳
男性 404万円 470万円 528万円 581万円
女性 326万円 315万円 314万円 319万円

(平成30年分民間給料実態統計調査)

「このままではダメだ」と思い、次のページで紹介する「資産を増やす方法」を考えたことがキッカケで、わたしは株式投資を始めることにしました。

わたしは、リスクの少ないIPO投資をスタートし、コツコツと15万4千円増やすことができています。また、株主優待を使ってお得に買い物することで、多少の節約にもつながっていると思います。(2013年冬〜2016年)

押してくれると喜びます♪
上へ戻る

IPOの当選
を目指すなら

この証券会社

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

管理人も当選!

マネックス証券

1人1票の公平抽選。
当選できるチャンス!

無駄なく応募!

SBI証券

落選すると1ポイント。
ポイント当選枠を狙え!

IPO主幹事が多い!

SMBC日興証券

1人1票の公平抽選。
取扱銘柄も多い!