TOPページ こども口座 ジュニアNISA(子どもNISA)

ジュニアNISA(子どもNISA)

2016年から始まる、ジュニアNISA(子どもNISA)。
取引の開始は4月からですが、ジュニアNISA口座の申込は、すでに始まっています。

まずは簡単に、「ジュニアNISA」と「NISA」の比較をしてみましょう。

  ジュニアNISA NISA
対象年齢 0歳〜19歳 20歳〜
非課税枠 80万円
(5年間で最大400万円)
120万円
(5年で最大600万円)
投資可能期間 2016年〜2023年 2014年〜2023年
払出し制限 18歳まで引き出せない。
途中で引き出す場合は、過去の利益に対して課税
なし
口座の管理 親権者が代理 本人

ジュニアNISAで、IPO投資ができる証券会社

 

IPO

オススメ 当選回数
マネックス証券
詳細はこちら
IPOの取扱が多い

IPOは、1人1票制。当選確率はみな同じ
問い合わせ窓口の対応が素晴らしく、安心!!

2回

SBI証券
詳細はこちら

IPOの取扱が多い

IPOは申込口数による。資金が多いほど有利
IPOチャレンジポイントで、当選確率UP

1

カブドットコム証券
詳細はこちら
IPOの取扱が多い

IPO1人1票制(IPO取扱が少なめ)

0回

SMBC日興証券
詳細はこちら
IPOの取扱が少ない
(総合のみ可)
ダイレクトコースで、IPO不可(ジュニアNISA)
・総合コースなら、IPO可能(ジュニアNISA)

4回

ジュニアNISAでも、証券会社によっては、IPO投資ができます。
現在確認がとれたのは、この4つの証券会社です。(2015年12月現在

※SMBC日興証券は、「総合コース」であれば、IPO応募可能とのことでした。
ただし、ダイレクトコースと比べると手数料が高くなってしまいます。

我が家は「マネックス証券」で、ジュニアNISA口座開設します

先日、「SMBC日興証券で、ジュニアNISA口座を開設する」と書きましたが辞めました。
なんと、ジュニアNISAからIPOの申込ができないとのこと!!(ダイレクトコースの場合)

我が家は「IPO投資がメイン」なので、IPOに応募できないのは困ります。
そこで、ジュニアNISAでも、IPO応募できる証券会社にすることにしました。

IPOに強く、1人1票制の「マネックス証券」で、長男(5歳)のジュニアNISA口座を開設しようと思います。

IPOチャレンジポイント狙いで「SBI証券」とも迷ったのですが…。
どうせなら、少しでもIPO当選する確率が高いほうが良いですよね♪

マネックス証券

特典が魅力的な「SMBC日興証券」で開設したかった…

特典が魅力的なので、できれば「SMBC日興証券」でジュニア口座を開設したかった。
総合コースで申込めば、IPO取扱も可能だったのですが…手数料がネックでした。
(総合コースの最低手数料は1,890円。ダイレクトコースだと135円。)

SMBC日興証券 ジュニアNISAの特典

  • 『ジュニア経済新聞』(1月・7月発行予定)
  • オリジナルカードゲーム『アセットモンスター』
  • 個人賠償付き傷害保険(1年間)

ジュニアNISAの口座を開設するだけで、こんなに特典があると良いですよね!

わたしは、『ジュニア経済新聞』に強く惹かれていました。
子どもにニュースを伝える時に、どのような言葉で書かれるのか興味があって。
子育てに役立てたいと思っていたんですよね。あぁ、ジュニア経済新聞が欲しかった!!

ジュニアNISAでIPO応募しない方には、個人的にはおすすめです。
ぜひ私に、ジュニア経済新聞の感想を教えてください。

SMBC日興証券

ジュニアNISAについてのカテゴリ、もっと増やそうと思っています。

私自身はNISA口座を利用していないので、ただいま勉強中です。
理解できた部分から、随時更新していこうと思います。
よろしくお願い致します!

押してくれると喜びます♪
上へ戻る

IPOの当選
を目指すなら

この証券会社

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

管理人も当選!

マネックス証券

1人1票の公平抽選。
当選できるチャンス!

無駄なく応募!

SBI証券

落選すると1ポイント。
ポイント当選枠を狙え!

IPO主幹事が多い!

SMBC日興証券

1人1票の公平抽選。
取扱銘柄も多い!