IPO「上場承認」から「上場」までの流れ

IPOの「上場承認」から「上場」までの流れを、図にまとめてみました。
私たちに最も関係があるのは、「Bブックビルディング」と「E当選→購入」ですね。

IPOの流れ

※ 上記は、マネックス証券の例です。証券会社により、順序が異なる場合があります。


2016年「グローバルウェイ」で、流れをチェック!!

2016年のIPOで最も利益が大きかった「グローバルウェイ」。
初値売却で、1,104,000の利益をだしました。

2016年4月19日に上場するまでの流れを、チェックしてみましょう。

上場承認
上場が認められた日

2016年3月16日

仮条件
証券会社がヒアリングをもとに決める
2,760円〜2,960円
ブックビルディング期間
投資家が購入意思を示す

4月4日 ~ 4月8日

公開価格
IPO当選者は、この金額で購入する
2,960円
抽選
当選結果

4月11日

購入申込期間
手続きしないと自動でキャンセル

4月12日 ~ 4月15日

上場日

4月19日

幹事証券(主幹事に、多くIPOが割り当てられます。)

IPOで大切な「3つ」のこと

「上場承認」されてから「上場」するまでの一連の流れは、ざっくり理解できましたでしょうか? 暗記する必要はないので、ざっくりで大丈夫です。

  1. ブックビルディングを忘れない!
  2. 人気のある銘柄は、仮条件の上限額で申込む(公開価格以下だと抽選権なし
  3. 当選したら、購入手続きを忘れない

私たちが覚えておきたいのは、上記3つ。
とくに「ブックビルディング」は大切なので、しっかり確認しておきましょう。

上場する企業にとってのメリットは、あるのでしょうか? 次ページで確認してみましょう。

押してくれると喜びます♪
上へ戻る

IPOの当選
を目指すなら

この証券会社

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

管理人も当選!

マネックス証券

1人1票の公平抽選。
当選できるチャンス!

無駄なく応募!

SBI証券

落選すると1ポイント。
ポイント当選枠を狙え!

IPO主幹事が多い!

SMBC日興証券

1人1票の公平抽選。
取扱銘柄も多い!