TOPページ 証券会社比較IPO当選を目指すならココ

IPO当選を目指すのにオススメな証券会社

IPO当選を狙うなら、3つの証券口座開設は外せません

まずは
この3社

ココが魅力

IPO
当選


詳細はこちら

・IPOが1人1票の「完全公平抽選
・管理人、口座開設して1カ月以内にIPO当選
・身内もマネックス証券から当選している

2回

詳細はこちら

・IPOが1人1票の「完全公平抽選」
主幹事になることが多く、その時は当選確率UP

5回


詳細はこちら

・IPOは「申込口数」で抽選(70%
・IPO落選でたまる「IPOチャレンジポイント」で割当(30%
・使用するIPOチャレンジポイントが多いと当選率があがる

1回

私は、「マネックス証券」と「SMBC日興証券」をメインにIPO応募しています。

資金に余力があれば「SBI証券」で応募し、IPOチャレンジポイントを集めています。
200~250ポイント貯まったら、IPOチャレンジポイントで人気銘柄を手に入れたいと思っています。

IPOを狙うなら、開設しておきたい証券会社

上記の証券会社と比べると、ライバルが少ないであろう証券会社です。
IPO引受幹事数もそこそこあるので、できることなら口座開設しておきましょう♪

  POINT
・IPOは、1人1票制(ネット取引10%)
・デイトレードに有利な手数料価格
IPO事前入金なしで、BB参加できる
・ IPOが過去の取引実績による「ステージ制」
東海東京証券
詳細はこちら

・IPOは、個人優遇サービス有(90%)
・対象者以外は、1人1票制(10%)

丸三証券
詳細はこちら

IPOは一律抽選とステージ抽選
・口座開設時から、2ヶ月間手数料無料

IPOは少ないけれど、開設しておきたい証券会社

IPOの取扱いは少ないけれど、まったくないわけではありません。
いざという時に申し込めるように、証券口座を開設しておきたいですね。

  POINT
ライブスター証券
詳細はこちら

ネット配分100%で、1人1票制
2017年1月より、IPOの取扱を開始しました。

東洋証券詳細はこちら

主幹事銘柄のみ、ネット取引が可能
穴場的な証券会社なので、いざという時のために開設しておきたい。

松井証券
詳細はこちら

全体の70%が、1人1票制。
1日の約定代金が10万円以下なら手数料が無料なのが、魅力的!!

カブドットコム証券
詳細はこちら

1人1票の完全公平抽選
三菱UFJ証券が主幹事となっている銘柄は、当選率がUPします。

楽天証券
詳細はこちら

取引回数が多いほど当選しやすい
取引回数のランクごとに、当選確率が異なります。

どの証券会社も無料で口座開設できるので、まとめて口座開設をすると楽チンですよ♪

押してくれると喜びます♪
上へ戻る

IPOの当選
を目指すなら

この証券会社

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

管理人も当選!

マネックス証券

1人1票の公平抽選。
当選できるチャンス!

無駄なく応募!

SBI証券

落選すると1ポイント。
ポイント当選枠を狙え!

IPO主幹事が多い!

SMBC日興証券

1人1票の公平抽選。
取扱銘柄も多い!