TOPページ こども口座

こども(未成年)口座

株は、親権者の責任において「未成年でも株取引」ができます。
証券会社によっては、0歳から口座開設が可能です。

我が家も、長男(4歳)の証券口座を開設することにしました。
我が家が、未成年口座を開設する理由は3つ。

  • リスクの少ないIPOに参加し、当選確率をあげたい
  • お得に、株主優待をもらいたい
  • 株から学べることもあると思った

未成年口座で、IPO当選確率UP

IPOの魅力は、当サイトで紹介してきました。

リスクが少なく、私自身も資産を増やすことに成功したIPO。
安心して始められる投資法なので、長男(4歳)の口座でもIPO投資します。

また、長男(4歳)もIPOに応募することで、当選確率もUPします。
夫婦2人で応募するより、長男(4歳)も含めた3人で応募したほうが、1人1票制では有利です。

未成年口座でIPO当選確率UP

お得に株主優待をもらいたい

株主優待は1人で多くの株を保有するよりも、家族で1単元ずつ購入したほうがお得です。
私が狙っている「B-R サーティワン アイスクリーム」の株主優待を例にみてみましょう。

優待内容
優待獲得株数
もらえる枚数
自社製品引換券
500円
100株
2枚
500株
3枚

この場合、1人で500株を保有すると、割引券は「3枚」。
家族4人で100株ずつ保有(=400株)すると、割引券は「8枚

株主優待をお得にもらいたい

このように、1人で保有するよりも、家族で複数単元保有するとお得な場合があります。
未成年口座を開設することで、よりお得に優待をGETできるようになるかも!

株から学べることもある

私自身、株を始めたことで「経済や金融」に興味を持ちました。
これからかかるお金について考えたり、株を始めたことでプラスになったことが多いです。

我が子も、同じように興味を持ってくれるとは限らないけれど…
「株は、悪いものでもない」と思ってくれたら、とりあえず嬉しいです。

「資産を増やす」ひとつの方法として覚えていれば、いつか役に立つかもしれません。

また、これから長男(4歳)と投資を進めていくなかで、子供自身が学べたことがあれば報告していきたいと思います。

未成年口座を開設できる証券会社

証券会社 POINT 注意
マネックス証券
  • 0歳〜未成年口座の開設が可能
  • 取引の責任は親権者と未成年者
  • 親権者の方の同意が必要
  • 親権者もマネックス証券の口座が必要
SBI証券
  • 0歳〜未成年口座の開設が可能
  • 15歳未満の場合、親権者が未成年の財産を管理することを目的として、未成年者にかわり取引が可能
  • 親権者の方の同意が必要
  • 親権者もSBI証券の口座が必要
楽天証券
  • 0歳〜未成年口座の開設が可能
  • 取引の責任は、原則親権者
  • 親権者の方の同意が必要
  • 親権者も楽天証券の口座が必要
松井証券
  • 0歳〜未成年口座の開設が可能
  • 親権者の責任で、未成年口座の資産&取引を管理
  • 親権者の方の同意が必要
  • 親権者も松井証券の口座が必要
←前へ 株の勉強 次へ→ 未成年口座比較
押してくれると喜びます♪
上へ戻る

IPOの当選
を目指すなら

この証券会社

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

管理人も当選!

マネックス証券

1人1票の公平抽選。
当選できるチャンス!

無駄なく応募!

SBI証券

落選すると1ポイント。
ポイント当選枠を狙え!

IPO主幹事が多い!

SMBC日興証券

1人1票の公平抽選。
取扱銘柄も多い!