TOPページ IPOを狙う過去のIPOデータ

過去のIPOデータ

※ これらの表は、師匠のサイトより「転載の許可」をもらっております。

各年のIPO、初値の騰落率

IPO上場総企業数 初値>公開価格 公開価格総計 騰落率
初値総計
2015年 92社

82社
(89%)

171,105円 87.26%
(1.87倍)
320,417円
2014年 77社

59社
(77%)

161,420円 88.81%
(1.89倍)
304,789円
2013年 54社

52社
(96%)

96,600円 117.07%
(2.17倍)
209,698円
2012年 46社 37社
(80%)
57,715円 54.62%
(1.55倍)
89,240円

年々、IPO上場する企業が増えていますね。
IPOに参加する個人投資家も増えてきているようなので、今後も人気が続くかな?

各証券会社のIPO引受数

主なIPOの、「主幹事」及び「引受幹事証券(委託含む)」の取扱い実績です。

会社/年 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009
マネックス証券 50回 38回 34回 13回 10回 9回 6回
SMBC日興証券 72回 54回 37回 26回 25回 15回 9回
SBI証券 78回 64回 44回 35回 26回 13回 10回
auカブコム証券 18回 20回 12回 14回 10回 - -
楽天証券 9回 2回 - - - - -
松井証券 13回 1回 - 2回 3回 2回 1回

SBI証券」が、引受数NO1ですね。
資金が多い方は、とても有利だと思います。

SMBC日興証券」は、1人1票で抽選してくれる中では1番の引受数です。
資金が少なくても当選できるチャンスがあるので、IPOを狙うなら外せない証券会社です。

各年の初値で売却した場合、一銘柄の最大利益の銘柄

銘柄 公募価格 初値 損益
2015年 ネオジャパン 2,900円 14,550円 1,165,000円
(5.02倍)
2014年 CRI・ミドルウェア 2,400円 13,500円 1,110,000円
(5.63倍)
2013年 リプロセル 3,200円 17,800円 1,460,000円
(5.56倍)
2012年 モバイルクリエイト 3,000円 7,000円 400,000円
(2.33倍)

※ すべて、100株単位です。


IPOをはじめてみよう

「株女」や「優待キング桐谷さん」がメディアで取り上げられるようになり、身近に感じることが多くなった株式投資。

あなたも、当選すれば資産を増やせる可能性を秘めているIPOをはじめませんか?
宝くじよりは、当選しやすいですよ♪

2015年、上場した企業は92社。

100万円越えしたのは、2社
50万円越えは、6社20万円超えは、25社(重複しています)

人気銘柄のみを狙えば、損失をだす確率は低いです。

次のページでは、私のIPO運用実績を紹介します。

押してくれると喜びます♪
上へ戻る

IPOの当選
を目指すなら

この証券会社

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

管理人も当選!

マネックス証券

1人1票の公平抽選。
当選できるチャンス!

無駄なく応募!

SBI証券

落選すると1ポイント。
ポイント当選枠を狙え!

IPO主幹事が多い!

SMBC日興証券

1人1票の公平抽選。
取扱銘柄も多い!